フォーマルドレスに合わせるアクセサリー

結婚式では振る舞い方や食事のマナーはもちろん重要ですが、中でも気をつけたい点がドレスコードです。結婚式のドレスコードと言えばフォーマルドレスか和装ですが、近年では和装よりもドレスの需要が高くなっています。フォーマルドレスと一口に言っても、結婚式が催される時間帯によって向き不向きがあり、ドレスに合わせて身につけるアクセサリーにもマナーがあります。

昼間の結婚式

お昼の結婚式に招待された場合は、上品でありながら控えめで光反射のないアクセサリーがおすすめです。最も相応しいとされているのはパールで、ゴールドやシルバーよりも輝きが抑えられる分、華やかだけれども落ち着いた上品な印象を与えてくれます。

また、結婚式だけでなく入学式や卒業式といったお祝いにも適していますので、一つあると重宝します。ただし、パールアクセサリーを選ぶ際は色に気をつけなければなりません。一見シックに見える黒パールはお葬式を思い浮かべさせるので、結婚式のアクセサリーとしては相応しくありません。

夜の結婚式

昼間の結婚式とは異なり、夜の結婚式ではゴールドやシルバーのような、華やかさを強調したアクセサリーでも構いません。気をつけるポイントとしては、結婚式の主役である花嫁よりも目立つアクセサリーを身につけないということです。
夜の部の結婚式に参列する際の服装については、昼間の結婚式よりもマナーが緩和されるため比較的コーディネートしやすいです。しかし、その分トータルバランスを気にする必要があります。

フォーマルドレスとアクセサリーの組み合わせによっては、不相応に見えてしまうケースもあるかもしれません。
そんな時は新しいアイテムを急いで購入するよりも、レンタルという選択はいかがでしょうか。M&V for motherは、東京でフォーマルドレスやアクセサリーなどの小物のレンタルを行っております。千代田区麹町にあるサロンは都内23区からアクセスしやすく、麹町駅と半蔵門駅からなら徒歩約5分です。少しでもお客様のご要望にお応えするために、M&V for mother専属スタイリストがご相談を承ります。まずはお気軽にお電話でお問い合わせ下さい。

PAGE TOP

Top