ドレスの歴史について

結婚式や謝恩会などに着る機会があるフォーマルドレスは、いつ頃誕生し世界に広まったのでしょうか。
こちらでは、ドレスの歴史についてご紹介いたします。

ドレスの誕生

ドレスの歴史はとても古く、15世紀前からその原型があったといわれています。ドレスが生まれる前の結婚式などのフォーマルな場には、民族衣装を着て参加することが一般的でした。現在でこそ様々な種類のドレスがありますが、当時のドレスは全体的にボディラインを隠すような、緩やかなデザインのドレスが多かったようです。

貴族文化とドレス

ドレスが発展したのは中世ヨーロッパの貴族文化です。毎晩のようにパーティーに参加する女性たちにとって、美しく煌びやかなドレスは権威の象徴だったといえます。競いあうようにしてドレスを仕立てていたので、自然とドレス文化が発展したのでしょう。

その中でも有名なマリー・アントワネットは、現在でいうファッションリーダ的な存在でした。コルセットでウエストを細くしたり、胸元を大きく開け強調したりなど、彼女が現在のドレスの原型をつくったといっても過言ではありません。

この頃のドレスは一人で着ることは不可能で、他の人の手をかりなければいけませんでした。しかし、フランス革命後は一人でも着脱できるドレスが主流になりました。その後に、次第に特別な日にドレスを着るという風潮になり、貴族の服装は派手さを抑えてシンプルになっていきます。

このように、ドレスは様々な時代を経て形やデザインを変え進化し、現在はワンピースタイプやパンツドレスなど様々なタイプのドレスがあります。M&Vは東京都千代田区でロングドレスレンタルや、ミセスドレスレンタルを行っております。ブライダルシーンにピッタリな豊富な数のドレスとともに、モーニングコートもご用意しております。お子様の結婚式でドレスレンタルをお考えでしたら、ぜひM&Vをご利用下さい。麹町駅から近く利便性に優れた場所にございますので、多くのお客様のご利用をお待ちしております。

PAGE TOP

Top