結婚式にお呼ばれされたときの服装について

結婚式や披露宴にお呼ばれされた際、なかなか決められないのが服装です。フォーマルな席だからこそ、マナーを守ってフォーマルドレスを選びたいものです。

時間帯に合わせる

結婚披露宴が行われる時間帯によって服装のマナーが異なります。昼間は肌を露出するドレスは控えます。もしノースリーブや肩の出るドレスを着るなら、ボレロやショールなどを羽織り、肌を隠します。また、光る素材や透ける素材のドレスは昼間の結婚披露宴には避けた方がいいでしょう。

一方、夜は肩や背中、胸の開いたドレスを着ても大丈夫です。素材も光るものを取り入れても問題ありません。昼間よりは華やかなコーディネートが楽しめますが、花嫁より派手にならないように気をつけましょう。ただし、挙式では夜でも何か羽織り肌の露出を避けます。

白系・黒系ドレスのコーディネート

結婚披露宴において、白いドレスはウェディングドレスを連想させてしまうので避けるようにしましょう。クリーム色やベージュ、薄いピンクは白に見えてしまうことがありますが、色つきのボレロやショールなどを組み合わせれば問題ないでしょう。また、黒色のドレスも要注意です。

全身真っ黒のコーディネートは喪服のように見えてしまい、おめでたい席にはふさわしくありません。しかし、アクセサリーやバッグなどの小物に明るめの色や光り物を取り入れたり、デザインや素材がドレッシーなものを選べば、黒のドレスも結婚式にふさわしく華やかになります。

ストッキングは欠かせない

そして、結婚披露宴ではストッキングを履くのがマナーとなっています。真夏の暑い結婚式でも、生足で出席するのは避けましょう。また、寒いからといって厚手のタイツを履くのもフォーマルな場ではふさわしくありません。無難なのは、肌色に近いベージュの薄手のストッキングです。また、ストッキングといっても様々なものがありますが、ドレスに合えばいいというわけでもありません。派手な柄のものや網タイツなどは避けた方がいいでしょう。

東京にあるM&V for motherでは、結婚披露宴にぴったりのミセスドレスレンタルできます。50代や60代は、20代や30代とは違い高級感や上品さが求められますが、M&Vでは、エレガントなドレスやモダンなドレスなど、様々なミセスドレスを取り扱っています。ドレスレンタルだけではなく、バッグやアクセサリーなど小物類のレンタルも可能です。マナーを守りつつ、素敵なミセスドレスをお探し下さい。

PAGE TOP

Top