結婚式までの準備と親の役割 〜意外と知らない「心付け」のしきたりとは?

kokoroduke2

心付け」を渡すのはお母様の大事な役目の一つですが、実は古くからある日本の伝統的なしきたりなので、いろいろとルールがあるのです。
お母様の立場として恥ずかしくないよう、心付けのマナーやルールをしっかり学んでおきましょう。

お金入れるのは「結び切り」「あわじ結び」のご祝儀袋

正式には、紅白の「結び切り」もしくは「あわじ結び」の水引がついているご祝儀袋に入れます。
下に結び方の写真を入れましたので、参照してください。
「結び切り」は「真結び」「こま結び」「本結び」とも言います。
「あわじ結び」は結び目があわびに似ていることから、地域によっては「あわび結び」と呼ばれることもあります。

awajihana_chomusubikiri

 

 

 

 

↑あわじ結び          ↑ 蝶結び              ↑結び切り
あわび結び            花結び                真結び・こま結び・本結び

こうした結び方のご祝儀袋を使うのには、ちゃんとした理由があるのです。

「結び切り」と「あわじ結び」は、ご覧の通り結び目が簡単にはほどけないようになっています。
つまり、結び直すことができない結び方。
結婚式は1回が理想的なため、結び直すことのできない「結び切り」「あわじ結び」のご祝儀袋を使うわけです。

それに比べ、中央の「蝶結び(花結び)」はどうでしょう。
すぐにほどけてしまうし、何度も結び直せますので、この蝶結びのご祝儀袋は結婚式にはふさわしくないということになっています。
出産祝いなど何度あっても嬉しいお祝いのときにはこの蝶結びのご祝儀袋を使います。間違いやすいので、気をつけてください。

また、関東では結婚式の場合、「結び切り」「あわじ結び」のどちらの水引でも、同様に使われます。
一方、関西では「あわじ結び」を使うのが一般的です。

ご祝儀袋の大きさは金額によって決める

このようなご祝儀袋は、さまざまなデザインのものが売られています。
サイズも大小ありますし、水引が印刷されているものもありますね。
もちろん、印刷されているものでも構いません。

大事なのは、入れる金額とご祝儀袋のバランス。
基本的に、1万円札は折らずに入れるのがマナー。
ですから、心付けの金額が1万円以上になる場合はお札が折らずに入るサイズを選びましょう。

千円札や五千円札の場合は金額が小額なので、大きなサイズのご祝儀袋だと中身の額と不釣り合いに。
袋ばかりが仰々しく感じられるので、ポチ袋サイズのほうが控えめでいいでしょう。

表書きは「寿」もしくは「御礼」と書く

心付けの場合、表書きには「寿」「御礼」と書くのが普通です。
特に優待したい主賓などがいる場合は、お車代を心付けとして渡すことがありますが、その場合は「お車代」と表に書きます。

名前は、ご両家ともにお世話になる方には、連名で姓を書き入れます。
新郎側・新婦側で別々に渡す場合は、それぞれの姓を書き入れます。
主賓の方には、どちらのゲストかによって、新郎側、新婦側それぞれの姓を書きましょう。

お札の入れ方

お金は新札を用意しましょう。
新品のお札をいただくのは、受け取るほうも気持ちが良いものです。

お札が数枚になるときは、必ずお札の向きを揃えましょう。

1万円札の場合は、前述したように、お札を折らずに袋に入れます。
向きは肖像画が袋の上側、かつ袋の表面にくるように入れます。

千円札、五千円札の場合は、お札を三つ折りにします。
四は「し」とも読み、縁起が悪いとされているので、四つ折りにするのはタブーとされ、必ず三つ折りにします。
三つ折りにした折り目が右側にくる状態で、それが袋の表面になるように入れましょう。

最後に、たとえ急に心付けを渡す必要が出てきた場合でも、お金を裸のまま渡すのは失礼に当たりますから避けてください。
軽くティッシュなどに包んでお渡しするのがマナーです。

いかがでしょうか。
心付け一つとっても、さまざまなしきたりがあるものですね。
当日になって慌てないよう、事前にしっかりと準備しておきましょう。

 

(出典:http://www.mizuhikiya.com/shopping/shugi-kingin.html)

お電話でのお問い合わせ

ほかのブライダルマザーへ贈るブログを読む

  • 写真 2018-03-12 19 24 21

    結婚式母親の衣装をフォーマルドレスにする場合の注意ポイントは?
    未来のブライダルマザーへ贈るブログ 2019.01.06

    娘の結婚式で洋装にしたいけど、母親として服装・衣装は何を着ればいいの? 最近の結婚式は、素敵な洋館のハウスウエディングや、手作り感のあるレストランウエディングといった式場が人気を集めています。 その中でお母様の衣装もだん…

    …全部読む

  • 結婚式,母親,衣装,高級,レンタル,フォーマルドレス

    【結婚式母親のドレス】実際に結婚式でお母様がフォーマルドレスを着られた素敵なお写真を公開!
    未来のブライダルマザーへ贈るブログ 2019.01.03

    新年は新郎新婦とご両親の衣装について打ち合わせを 新年明けましておめでとうございます。 今年もM&V for motherをどうぞよろしくお願いいたします。 本年もお母様向けのレンタルドレス・フォーマルマザードレ…

    …全部読む

  • IMG_2570

    お正月に新郎新婦とこれだけは相談しておきたい。結婚式の父親・母親の衣装について
    未来のブライダルマザーへ贈るブログ 2018.12.29

    ご家族が顔を合わせるお正月こそ相談する絶好のチャンス! 「結婚式の準備は子供たちが二人で進めているからよくわからなくて・・・」 「お母さんは何もしなくていいよ、って言われているので、あまり口出ししないほうがいいと思って・…

    …全部読む

  • 写真 2017-09-26 14 47 53

    結婚式母親の衣装、洋装なら黒留袖に匹敵する高級で上質なフォーマルレンタルドレスがお母様としてふさわしい
    未来のブライダルマザーへ贈るブログ 2018.12.24

    新郎新婦のお母様がドレスにするとき注意することは? お子様の結婚式が決まったら、ご両親としてまず最初に考えるのがご衣装だと思います。 通常、お式場などからご案内があるのは、「お父様はモーニング、お母様は黒留袖」というもの…

    …全部読む

  • 写真 2018-05-23 15 35 38

    【結婚式母親の衣装】レンタルドレスを選ぶ前に知っておきたい!新郎新婦がお母様の衣装に望むことベスト5
    未来のブライダルマザーへ贈るブログ 2018.12.18

    ドレスを決めるときには新郎新婦のご意向も取り入れて 結婚式が決まったら、新郎新婦が一番力を入れられるのがご衣装でしょう。 特に花嫁は式場のイメージやご自身がどう見えるかといったことをよく考えて、ウエディングドレスを厳選し…

    …全部読む

PAGE TOP

Top