結婚式までの準備と親の役割  〜結婚費用の親が負担する金額、相場はいくら?

parents_money

 

不況下でも結婚式の費用は意外とかけている

お母様世代が結婚式を挙げた頃は、ホテルや結婚式場での豪華な挙式が一般的になっていたと思います。
招待するゲストの方々も、父親の知り合いや会社の人が列席する時代でした。
おそらく結婚式の費用も、かなり高額だったのではないでしょうか。

では、今の若い人たちの結婚式はどうでしょうか。
近年は、親族と親しい友人や同僚だけを呼んで、アットホームな結婚式を挙げる人が多くなっています。

しかし費用のほうはといえば、以下の統計によると、婚約から新婚旅行まで入れてかかった費用は、300〜500万円が44.8%と一番多いよう。
次に多いのは、500〜700万円で、28.9%となっていて、意外とお金がかかっているようです。

●結婚式から新婚旅行にまでかかった費用
◎100万円以下 1.7%
◎100~300万円 19.3%
◎300~500万円 44.8%
◎500~700万円 28.9%
◎700~900万円 4.5%
◎900~1000万円以上 0.9%
※結婚情報サイト『ゼクシィ』より抜粋

不況下で「ジミ婚」などという言葉も生まれていますが、結婚式を挙げないカップルが増えている一方で、結婚式を挙げるカップルは依然として高額を支払うケースが多いのが実情のようです。

若いカップルがこれだけの結婚費用を出費する背景には、やはり親の援助が少なからずあると見ていいでしょう。
結婚情報サイト『ゼクシィ』のアンケート調査によると、結婚式の費用を親や親族から援助してもらったというカップルは、全体のおよそ75%くらいだということです。

親の援助額の平均額は182.8万円

では、親御さんが援助する金額はいくらぐらいなのでしょうか。

目安としては、かかる費用の半額程度を新郎新婦がご用意して、残りの金額を親からの援助とご祝儀でまかなうというのが一般的だそうです。

2人の貯金額 50% + ご祝儀+親の援助 50% =  結婚費用の総額 100%

たとえば、結婚費用に500万円かけるとするなら、半額の250万円くらいを新郎新婦が支払い、残りの250万円を親からの援助とご祝儀でまかなうという計算になります。

親からの援助額の全国平均額は、182.8万円(結婚情報誌『ゼクシィ』調べ)だそうです。

ちなみに、ご祝儀の額はいくらぐらいが相場かというと、

◎ 親族 5〜6万円
◎ 上司や恩師など目上の招待客 4万円
◎ 友人・同僚 3万円

ご祝儀の総額は、招待客の人数にも寄りますが、おおよそ150〜350万円くらいが圧倒的だということです。

予算を立てさせて、両家の配分を決める

ただ、最初から親の資金援助を当てにしてプランを立てさせると、経験値の低い若いカップルのことですから、理想の挙式を求めて無駄使いもしがちです。
ふたりだけに任せておくと、式場のスタッフに勧められるままに、あれもこれもとプラスしてしまい、どんどん費用がかさんでしまうこともよくあります。
そうならないよう、親御さんとしては若いふたりがしっかり予算を立てられるよう、導いてあげることが必要でしょう。

また、「衣装代は出してあげる」「○○万円までは援助する」というように、項目や金額をあらかじめ決めて、ふたりに伝えておくのも賢明です。
予算が立てやすくなるはずです。

結婚費用の両家の配分はケースによって様々ですが、やはり両家で半々というのが、一般的でしょう。
中には結婚費用は男性側がすべてもち、新婚生活に必要な費用を女性が負担すると決めたり、花嫁の衣装代は花嫁側がもつことにしたり、お互いの事情に合わせて分担することが多いようです。

片方だけが地方出身の場合で、ご両親やご親戚が遠方から式場まで来られるケースなどは、双方の出費額に差が生じてきます。
その場合は、よく相談して費用の負担額を決めることが必要でしょう。

いずれにしても、ご両家の顔合わせのときに費用についてのご相談を一度しておくといいでしょう。
お金の問題はデリケートですから、ご両家ともが納得のいく形になるよう配慮し、クリアにしておくことが大切です。
結婚式は、新郎新婦の新たな門出となる大切な日です。
ご両親としても気持ちよく送り出せるよう、お金にまつわる問題はよく話し合ってしこりを残さないようにしておきましょう。

お電話でのお問い合わせ

ほかのブライダルマザーへ贈るブログを読む

  • 写真 2018-03-12 19 24 21

    結婚式母親の衣装をフォーマルドレスにする場合の注意ポイントは?
    未来のブライダルマザーへ贈るブログ 2019.01.06

    娘の結婚式で洋装にしたいけど、母親として服装・衣装は何を着ればいいの? 最近の結婚式は、素敵な洋館のハウスウエディングや、手作り感のあるレストランウエディングといった式場が人気を集めています。 その中でお母様の衣装もだん…

    …全部読む

  • 結婚式,母親,衣装,高級,レンタル,フォーマルドレス

    【結婚式母親のドレス】実際に結婚式でお母様がフォーマルドレスを着られた素敵なお写真を公開!
    未来のブライダルマザーへ贈るブログ 2019.01.03

    新年は新郎新婦とご両親の衣装について打ち合わせを 新年明けましておめでとうございます。 今年もM&V for motherをどうぞよろしくお願いいたします。 本年もお母様向けのレンタルドレス・フォーマルマザードレ…

    …全部読む

  • IMG_2570

    お正月に新郎新婦とこれだけは相談しておきたい。結婚式の父親・母親の衣装について
    未来のブライダルマザーへ贈るブログ 2018.12.29

    ご家族が顔を合わせるお正月こそ相談する絶好のチャンス! 「結婚式の準備は子供たちが二人で進めているからよくわからなくて・・・」 「お母さんは何もしなくていいよ、って言われているので、あまり口出ししないほうがいいと思って・…

    …全部読む

  • 写真 2017-09-26 14 47 53

    結婚式母親の衣装、洋装なら黒留袖に匹敵する高級で上質なフォーマルレンタルドレスがお母様としてふさわしい
    未来のブライダルマザーへ贈るブログ 2018.12.24

    新郎新婦のお母様がドレスにするとき注意することは? お子様の結婚式が決まったら、ご両親としてまず最初に考えるのがご衣装だと思います。 通常、お式場などからご案内があるのは、「お父様はモーニング、お母様は黒留袖」というもの…

    …全部読む

  • 写真 2018-05-23 15 35 38

    【結婚式母親の衣装】レンタルドレスを選ぶ前に知っておきたい!新郎新婦がお母様の衣装に望むことベスト5
    未来のブライダルマザーへ贈るブログ 2018.12.18

    ドレスを決めるときには新郎新婦のご意向も取り入れて 結婚式が決まったら、新郎新婦が一番力を入れられるのがご衣装でしょう。 特に花嫁は式場のイメージやご自身がどう見えるかといったことをよく考えて、ウエディングドレスを厳選し…

    …全部読む

PAGE TOP

Top