フォーマルな結婚式衣装 〜洋装・和装のメリット/デメリット

kimono_dress

結婚式に出席なさるお母様は、やはり洋装や和装で悩まれることが多いようです。
「お相手のお母様はどうなさるのか」「自分はどちらが似合うだろうか」など、どのお母様も衣装については気になるものです。

ここでは、洋装や和装のメリット・デメリットをお伝えしますので、ご自身に合った衣装をお選びいただくための参考になさってください。

 

洋装のメリットは、着用が楽でセンスよくオシャレに見える

結婚式は、お式から披露宴まで思いのほか一日が長いものです。一日中着ることを考えると、洋装のほうが締め付け感がなく、お召しになっていて楽なのは最大のメリットです。

しかも、洋装は脱ぎ着が簡単。持ち運びも着物に比べると軽く、気を遣わずにすみます。

また、最近ではお母様向けのフォーマルドレスも少しずつ出てきているので、色やデザインなど、好みによって選ぶことができます。
オシャレなフォーマルドレスを選ぶことで、お母様ご自身のセンスをアピールすることもできるでしょう。

 

洋装は無難になりやすい

ただ、式場などで貸し出すお母様の衣装は、依然として黒留袖が多く、洋装は扱いがないか、あったとしても非常に数が少ないことが多いようです。

また、百貨店などのフォーマルウエアのコーナーなどに行くと、お母様向けの衣装はボレロタイプのものが多く、ワンピースタイプのフォーマルなロングドレスは、なかなか探せないかもしれません。
実際に、M&Vにいらっしゃるお客様からも、よくそういうお話を伺います。

そのためM&Vでは、他店にはないような、ブライダルマザーを引き立てるデザインのドレスを厳選して扱っております。

 

和装のメリットは、日本人の体型に合うこと

伝統的な衣装である着物は、日本人の体形に合うようにできています。
そしてなにより、「日本人としての心」を感じることができます。御所車や花、鶴など、結婚式にふさわしい伝統的で豪華な柄があしらわれており、お祝いの気持ちを表すこともできるでしょう。

着物は流行りがないことや、合わせる小物もある程度決まっていることなどもあり、あまり衣装選びに時間を費やしたくない方にとっては楽な選択肢とも言えます。

 

着付けが困難な和装

和服は洋装に比べて着るのが難しく、ご自身で着付けができない場合は、専門の方に着付けをお願いしなくてはなりません。髪型も和装専用のスタイルにすることが普通ですので、朝早くから美容院へ行く必要があります。
着付けと髪のセットだけでも、かなりのコストがかかってしまいます。

また、結婚式当日が悪天候の場合ですと、足元など移動に気を遣うことも出てきます。天気だけは事前に予測することができませんから、雨天の場合でも困らないようなお仕度と段取りをしておく必要があります。

一日を和装で過ごすことは、慣れていない人にとっては大変つらいもの。
帯をゆるくしてしまうと着崩れますし、きつくすると気分が悪くなってしまう方もいらっしゃいます。

M&Vにいらしたお客様の中にも、ひとり目のお子さんのご結婚式で黒留袖をお召しになり、お食事中に具合が悪くなられたというお母様がいらっしゃいました。
「だからふたり目は洋装にしたいと思っていたの」と、おっしゃっていました。
着物の着付けは難しいそうですから、着付けをお願いするにしても、腕の良い方を選ぶ必要があるでしょう。

 

いかがでしたか?
フォーマルドレスと留袖とで悩まれている方は、上記を参考になさってください。

PAGE TOP

Top