03-6268-9988

完全予約制お電話予約

営業時間: 11:00 - 19:00 水曜定休・不定休

ドレスを探す

フォーマルな結婚式衣装 〜モーニングとタキシードの違い

tuxedo | 結婚式の母親ドレス M&V for mother

tuxedo | 結婚式の母親ドレス M&V for mother

「モーニング」「タキシード」この2種類が男性のフォーマルな正装であることをご存知な方は多いでしょうが、
「どのシーンで着用すべきか」ということはなかなか知る機会がないものです。
今回は、この違いについてお伝えしてまいります。

モーニングは昼のフォーマルな正装として用いられます

「モーニング」は正しくは「モーニング・コート」と言い、昼(17時まで)のフォーマルな正装です。新郎新婦のお父様がお召しになるフォーマルな衣装としてふさわしいものです。

形の特徴としては、背中の部分がV字に長くなったデザインで、 色は黒かグレーが基本です。ただ、グレーなどの薄い色は、新郎が着られることが多いので、お父様の場合は、黒を選ばれるのが普通でしょう。

丈の長い上着(モーニング・コート)の下に、黒やシルバーグレーなどのベストを着用します。
ズボンはコールズボンというストライプ柄のもので、ネクタイは結び下げ白黒ストライプか、あるいはアスコットタイを使用します。

一方、日本以外の海外では、襟は白でも身頃がピンク系のシャツを着たり、タイもドットやカラフルな色を用いたデザインのものが珍しくありません。
しかし、日本の結婚式の場合には、カラフルな色合いを取り入れない風習が、現在も残っています。

また、「お父様の衣装はモーニング」という慣習がありますから、夜のご結婚式の場合でも、式場によっては「お父様はモーニングです」と言われることがあります。

タキシードは夜の正装として用いられます

「タキシード」は、夜(17時から)のフォーマルな正装ですが、例えば、結婚式が14時頃から始まり、夕方17時以降までかかるような場合には、17時前からお召しになっても構いません。

タキシードの色は、白と黒でまとめるのが基本です。
黒のタキシードジャケットとパンツ、黒の蝶ネクタイとお腹にカマーバンドを巻きます。ポケットチーフは白を使用してください。

最近では、タキシードのほうが格好が良いということで、夕方にかけてのご結婚式の場合は、タキシードをお召しになるお父様も少しずつですが増えてきました。

結婚式で「モーニング」や「タキシード」をお召しなる場合は、お相手のご両親と合わせましょう

結婚式での男性のフォーマルな正装について学んできましたが、結婚式ではご両家の方と格式を合わせることが大切です。
例えば、「あまり堅苦しくしたくないから、普通の礼服がいいですね」などというお話しが出た場合は、ご両家とも合わせたほうがよいでしょう。
または、お父様ご自身からご提案なさってもよいですね。

フォーマルな結婚式では礼儀を重んじた装いが大切です。
ぜひご参考になさってください。

Pick up

この記事を読んだ人は
こんな記事も読んでいます

M&V for motherとは、結婚式を控える新郎・新婦のお母様を美しくサポートするフォーマルレンタルドレス専門サービスです。
すべてのお母様を美しく見せるこだわりのフォーマルドレス・アフタヌーンドレス・マザードレスはNYやヨーロッパから人気のデザインをインポート。素材はシルク、タフタ、レースなど高級素材使用し、晴れの舞台に相応しい正礼装のフォーマルドレスを100着以上、5号から15号以上まで幅広いサイズに対応しております。
詳しくはこちら