ロングドレスに合わせる靴は?ベストなヒールの高さは?

写真 2018-07-17 20 19 10

先日ご来店いただきましたとっても素敵なご夫婦でいらっしゃいます。
お優しいご主人様は奥様のドレス選びにも真剣にアドバイスをされていて、その上品なお二人のやり取りに私まで嬉しい気持ちになりました。
スレンダーな奥様にとても良くお似合いのレンタルドレスL-64 ネイビー
細いお母様には少し広がりのあるシフォンのスカートはとてもお勧めです。
あまり目立ちたくないとのご要望でしたので、スカート部分は広がり過ぎずエレガントなこちらのドレスを選ばれました。

ロングドレスにはハイヒールを履かなくてはダメ?

ドレスが決まるとお靴選びについて、以下のような質問をお母様たちから受けることがよくあります。

「ロングドレスには高いヒールを履かなくてはダメ?」
「ロングドレスにはピンヒールでないとダメかしら?」

写真 2018-05-09 15 21 13

ロングドレスには高いヒールを合わせなくてはいけない、といったルールは全くありません。
挙式当日、お母様は思ったよりも長い時間、ご挨拶まわりなどで立たれていることが多く、あちこちに気を配りながら忙しく動かれます。
もし、慣れないピンヒールを履いて足が痛くなったりしたら、気持ちがそちらにいってしまいますよね。
靴擦れが痛くても我慢して歩いたというお母様もいらっしゃいました。

そんな事にならないように、普段から履き慣れているヒールの高さのお靴をお勧めします。
だいたい5cm〜6cmくらいのヒールにされる方が一番多いです。

お背の高いお母様の多くは、あまり高いヒールを履きたくないと言われる方も多く、3cmくらいのヒールになされることが多いですね。

逆に背の低い方は8cmくらいの高いヒールで、足が疲れないように全体的に厚底のものを履かれる方もいらっしゃいます。

デザインにもよりますが、ロングドレスの場合は丈が長いので、お靴は目立たないことがほとんどです。
当日いらしたゲストの方たちも、ドレスには目が行きますが、足元までしっかり見ている方は案外少ないと思います。

無理のないヒールの高さになさって、当日は軽やかに動かれたほうが素敵に見えると思います。

靴はオープントウはNG。後ろはバックベルトでもOK

靴については今までこのブログでも何度かご紹介していますが、ここでもう一度お伝えしておきましょう。
靴のルールは次の4つです。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-12-15-8-30-44

1)つま先部分はしまっていること。オープントウは避ける

つま先があいている靴を履くと、「妻が先立つ」という言い伝えが古くからあるからです。
今の時代はあまりこだわらなくなりましたが、ゲストの中にはこういう言い伝えを知っている方もいらっしゃるかもしれません。避けておいたほうが無難ですね。

2)後ろはバックベルトでもOK

つま先はあいていてはいけませんが、かかと部分はバックベルトタイプでも大丈夫です。
かかとがあるものよりバックベルトのほうが靴擦れを起こしにくい、とおっしゃるお客様もいらっしゃいました。

3)革靴の場合はエナメルを選ぶ

いわゆる艶消しの革靴は、殺生を想像させるということでお祝いの席では避けるのがマナーです。
ヘビ革、ワニ革などの型押ししたものも同様の意味でふさわしくありません。

写真 2017-04-01 15 42 45

4)サテンなどの布地の靴や飾り付きはOK

サテンなど光沢のある布地の靴は履いていただいて大丈夫です。
ビジューやビーズなどの装飾がついたものも、履いていただけます。

本来、最上級のフォーマルコーディネートとしては、バッグと靴を共布で作って合わせるのが正式。
でも、皇室の晩餐会などにご招待されたのならいざ知らず、現在ではそこまで厳密にフォーマルのルールを守られる方は少なくなっています。

共布で作るまでしなくても、バッグと靴の色を合わせるとフォーマルコーディネートとしては完成度が高く、ドレスを引き立てる効果もあるのでオススメしています。

たとえば、つい最近いらしたお客様は、当店でシルバーのバッグをレンタルされ、それに合わせてシルバーの素敵なお靴を合わされました。
とても素敵なお靴でしたので、お写真に撮らせていただきました。

IMG_2846

上のお靴に当店のシルバー系のバッグ(下の写真)をコーディネートされました。
ネイビーのドレスでしたが、シルバーのアクセントが効いていて、ドレス姿もとても素敵に決まっていらっしゃいました。

IMG_2854

 

こんなふうにドレスが決まったら、次はお靴を考えて用意する必要が出てきます。
お靴を購入するためにデパートなどを見て回られるのも、意外とお時間を取られますよね。
そうした時間もありますから、ご衣裳のご準備は早めにされることをお勧めいたします。

 

★早割キャンペーン詳細記事はこちらです。

★他の記事もどうぞ ~この他にもドレスご試着の様子や結婚式で知っておくべきマナーひーるのなどをご紹介しています。

お母様・ご親族様の洋装レンタルなら東京23区高級フォーマルドレスのM&V for mother が贈るブライダルマザードレス

お電話でのお問い合わせ

ほかのブライダルマザーへ贈るブログを読む

  • 写真 2017-04-01 13 29 31

    【結婚式母親の衣装】レンタルだからこそラグジュアリーなフォーマルドレスを!
    未来のブライダルマザーへ贈るブログ 2018.10.13

    レンタルドレスって本当に大丈夫? これまでのレンタル衣装は、購入するよりも格下に見られる傾向がありました。 レンタルだと価格は安いけれど、形やデザインが古い、質が今ひとつ、希望のものは見つからない、といったイメージが強か…

    …全部読む

  • IMG_3563

    【結婚式母親の洋装】個性が引き立つ上質でシンプルなレンタルドレスを上品に優雅に着こなすお母様
    未来のブライダルマザーへ贈るブログ 2018.10.11

    ご試着にいらした素敵なお母様のお写真をご紹介いたします。 今回、ご登場いただくお母様はリピーターのお客様。 実は、ご長男のご結婚式のときにも当店のドレスをご試着いただきました。 当店をとても信頼してくださり、毎回あたたか…

    …全部読む

  • 20180814-51

    【結婚式母親の衣裳】実際のお母様たちに聞いた本音!洋装のドレスにする本当のメリットとは?
    未来のブライダルマザーへ贈るブログ 2018.10.07

    結婚式の日取りが決まられたら、お母様はまず何を着よう?とお考えになるのではないでしょうか。 今回は当店が数多くのお母様と接して得られた、実際のお母様たちから聞いた洋装のメリットについてお伝えしたいと思います。 結婚式のお…

    …全部読む

  • IMG_3313

    結婚式母親の洋装に求められる3つの条件「「正礼装・高品質・上品」
    未来のブライダルマザーへ贈るブログ 2018.10.05

    結婚式はお母様のお衣裳もトータルでコーディネートを 最近の結婚式は新郎新婦が細かい部分にまでこだわって、衣装からテーブルの花やお式の内容まで、ご自身の想いを込めた披露宴をされるカップルがとても多いですよね。 ご準備は大変…

    …全部読む

  • 原様①

    新郎新婦のお母様必見!!結婚式を終えられたお母様だからわかるお式当日のアドバイス!
    未来のブライダルマザーへ贈るブログ 2018.09.29

    ウエディングドレスの横にはロングドレスが似合う 今回もリピーターのお客様より、とっても素敵なお写真とご感想・これからお式を迎えられるお母様方へのアドバイスもいただきました! いつもご試着に来店される時もとってもオシャレで…

    …全部読む

PAGE TOP

Top